History

 ここでは、d星の歴史を紹介します。

 「資料「」を参照」と書かれている「資料」は、このページ上方から飛べます。

d星史(ウリス国中心)

33_12_22          地球から一人の人間がワープしてくる

 

1_21_3               地球から二人の人間がワープされる

 

0-0-0                 公転暦運用開始

 

2-30-1               d星統一の計画が出される

         ・資料「統一に向けて」を参照

 

2-32-2               金崎桜華を首相とする政治体制を決定

 

2-32-3               ウリス国建国

       ・資料「ウリス国建国宣言」を参照

 

2-33-1               臨時議会を設置

 

2-33-2               地球の憲法を基に憲法の草案を組み始める

 

2-101-1             憲法委員により、草案の内容の審査が始まる

 

2-101-33           憲法委員会の審査が終了、認可を発表

 

2-102-1              臨時議会により憲法草案を正式に採択、公布・施行日を決定、発表

 

2-102-2              ウリス国憲法公布

 

3-1-1                  ウリス国憲法施行

 

3-2-12                1閣8庁の体制ができる

 

3-10-22              ウリス国を32の地域に分割し、基本的な国の業務を委託させる

       ・資料「ウリス国32分割」を参照

 

30-32-102          1閣10庁20省32自治体管理機関の体制ができる

 

31-22-100          サウラ派設立宣言

       ・資料「サウラ派設立宣言」を参照

 

31-23-13            Hanが第二代首相となり、新たに組閣

 

102-3-110          首相宅が爆破される

 

                            →ShaBoらによる犯行声明が出る("サウラ派"名義)

        ・資料「Han首相宅爆破についての声明」を参照

 

102-10-1            ShaBoらがウリス国国警に射殺される

 

102-10-2            GaBoが二代目革命派代表になる

 

                            Han首相がトマ地方で暗殺される

 

102-10-3             DaYaが第三代首相となり、一部を新たに組閣

 

102-10-10           ウリス国がトミブロックに経済制裁を発表

 

                            →全製品の関税を一律1.11倍にした

 

102-10-12           ウリス国恐慌(国営銀行紙幣蔵庫の不審火で国の紙幣の242%が焼失→給料の未払いが大量に発生→物価が大下落)

 

103-10-22           恐慌からの回復のため、国土の分割案が提案される

 

                            →紙幣を使う人間の数を減らす・分割し、各々の国家で造幣させる(大量造幣で、物価が上昇するのを防ぐため)

 

103-10-32           DaYa首相がこの案を承認、準備を始める

 

110-1-1               ウリス国が国土の分割をする

 

                            保護国として、ゾムレ国・トミ国・ピュテ国を置く

       ・資料「ウリス国国土分割」を参照 

 

                            ウリス国の政治体制が1閣10庁20省3自治体管理機関となる

 

110-10-12           DaYa首相が恐慌から復帰したことを宣言

         ・資料「恐慌終息宣言」を参照

 

110-12-1            ゾムレ国、ピュテ国、トミ国が独立宣言

 

110-30-1            GaBoが二代目トミ国代表になる

 

                            →独裁政治が始まる

 

1a-1-1-1             ピュテ国を国際中心国家に任命→国家間協力機構が置かれる

 

1a-1-1-2             ピュテ国を学術中心都市に任命→研究特区が置かれる

 

                            国家間協力機構内に総科学学会を結成

 

1a-1-1-3             ゾムレ国が工業中心都市に任命→工業特区が置かれる

 

                            国家間協力機構内に産業連盟を結成

 

1a-1-1-10           国家間協力機構内に国家共同会を結成、ウリス国・ファイオ国・ゾムレ国・ピュテ国が加盟→移動・貿易・技術共有の自由の保障を宣言

 

1a-1-30-31         ピュテ国内でサウラ派の独立をめぐり内紛が始まる

 

                             →保守軍v.s.革命軍(親サウラ派)

 

1a-1-30-32         トミ国がウリス国に宣戦布告、ウリス国をそれを受諾

 

                             →TUPLS戦争が始まる(攻:トミ国 守:ウリス国)

 

1a-1-31-23         トミ国がファイオ地方を占拠

 

1a-1-31-11         トミ国がウライル地方の25%を占拠

 

1a-1-31-22         ゾムレ国がウリス国に兵器支援開始

 

1a-1-31-31         ピュテ国がウリス国に技術支援開始

 

1a-1-31-32         国家間協力機構は、トミ国の追放を宣言

 

1a-1-31-33         国家間協力機構トミ国支部が爆破

 

                            →トミ国軍が制裁とした犯行声明を発表

 

1a-1-100-33       日本の燕号乗組員が着陸

 

                            トミ国軍特殊部隊壊滅

 

1a-1-102-102     ウリス国が国土回復

 

1a-1-110-13       ウリス国がトガ地方を占拠

 

1a-2-1-1             ファイオ地方を保護国として置く案を採択

 

1a-2-21-1            ウリス国がトラ地方を占拠

 

1a-2-101-22        トミ国がトガ地域を回復

 

1a-2-102-30        ウリス国がファイオ国を保護国として置く

 

1a-2-102-31        トミ国がファイオ国・ゾムレ国に宣戦布告、ピュテ国に条件付きの宣戦布告をする

 

                             (条件:1ヵ月以内に革命派に降伏し、内紛を終わらせれば侵攻しない)

 

1a-2-102-101      ウリス国がピュテ国とゾムレ国とファイオ国が同盟を組む

 

                             →同盟国v.s.トミ国の戦いになる

 

1a-2-102-102     国家共同会解散

 

                            同盟国が国家共同体として踏襲

 

1a-2-110-13       トミ国がウリス国・ゾムレ国に降伏

 

                            →相手にする国を減らし、勝利を確実にするためとされる

 

1a-2-110-21       国家共同体会議により条約等は完全終戦後に締結することを決定

 

1a-2-110-30       革命派がファイオ国のピュテ大使館を爆破

 

                            →国家共同会はトミ国との貿易完全停止を宣言

 

1a-2-110-33       国家共同体に国家共同体連合軍を設ける案を採択

 

                            燕号乗組員を訓練指示官に任命

 

1a-2-110-100     国家共同体連合軍がトミ国に宣戦布告

 

                            →戦争を早く終わらせるため

 

1a-2-110-102  追加制裁として国家共同体加盟国に滞在しているトミ国国籍の人を強制送還

 

              国家共同体加盟国間でのみ使用できる専用通貨の制定を決定

 

              国家共同体連合軍がトガ地域陥落を宣言

 

1a-2-110-103  トミ国が報復として全大使館を封鎖、職員を強制送還、大使をトミ国軍南部司令部に拘束

 

1a-2-110-110  トミ国ウリス大使SAnの死亡を確認

 

1a-3-1-1        国家共同体の通貨制定、発行開始

 

           ウリス国は国内のトミ大使館を閉鎖、職員を強制送還

 

1a-3-1-2     国家共同体は、最終作戦会議を提案

 

1a-3-2-11        国家共同体は最終作戦を採択

 

             作戦名を「終戦作戦」とする

 

1a-3-2-12        終戦作戦第一作戦準備開始

 

1a-3-2-30        終戦作戦第一作戦決行

 

             トミ国で史上最大級の水害が発生する

 

              →作戦拠点が壊滅的被害を受ける

 

1a-3-3-22        国家共同体は全領土を回復

 

1a-3-3-30        終戦作戦第二作戦準備開始

 

1a-3-10-12      終戦作戦第二作戦決行

 

             ウライルでウライル会談が開かれ、国家共同体はウライル声明を発表する

 

             ウライル声明をトミ国に提示する

 

1a-3-10-13     トミ国がウライル声明を受理し、トミ国が国家共同体に降伏する

 

             →終戦

 

1a-3-10-20     ウライル声明の実行

 

            国家共同体はトミ国に国家共同体連合軍を災害派遣

 

           トミ国は「ウリス国保護トミ」と改称し、ウリス国の保護下に置かれる

 

1a-3-10-21    国家共同体にウリス国保護トミが加入

 

           各国にウリス国保護トミ大使館設置

 

1a-3-10-22       ほぼ休戦状態であったピュテ内紛が活発化

 

         →国家共同体連合軍の出動が要請される

 

1a-3-10-23       国家共同体は国家共同体連合軍の派遣を決定

 

         →ピュテ内紛作戦会議

 

1a-3-11-2         ピュテ内紛作戦決行

 

1a-3-11-3       「暗黒の第三曜日」が起こる

 

1a-3-12-1      第二ピュテ内紛作戦を作成、決行

 

         親サウラ派の指導者ティーアの死亡を確認

 

1a-3-12-2         ピュテ国首相がピュテ内紛の終息を宣言

 

         サウラ派の指導者ルコアを拘束

 

          →サウラ派は降伏宣言をする

 

1a-3-12-3          国家共同体が平和宣言を出す

 

1a-3-12-10  国家共同体が完全平和に向けた指標を発表

 

1a-3-12-11       指標への取り組み開始

 

         →国家共同体内に競技連盟、文化連盟、科学連盟を設置

メモ: * は入力必須項目です