Conlang

 このページでは、d星で用いられている言語を紹介します。

 実はd星には自然言語がありません。これにはとある背景があるのですが、それについては別のページで紹介します。

 以下がd星で用いられている言語です。

  • ウリ語
  • ピュテ語
  • 口語ピュテ語
  • 俗ピュテ語
  • 世界共通語
  • ゾムレ語
  • トミ国語
  • ウライル語
  • ファイオ語

 d星の中では、ウリ語以外は完全な人工言語と位置付けられています。また、ウリ語も半自然言語とされています。

 最も話者人口が多いのがウリ語で、その次がピュテ語、ゾムレ語となっています。

 ピュテ語は「学術共通言語」とされていて、高等以上で用いるの学問は全てピュテ語が使われます。これは、使用言語による差異を小さくし、学問の発展を円滑にするためです。

 ゾムレ語は「技術共通言語」とされていて、工業用語やそれらの情報交換等がすべてゾムレ語となっています。これは、同じ言語を用いることで効率的に工業発展を行うためです。

メモ: * は入力必須項目です